バナー

FX初心者に逆張りは難しい

FXでは、トレンドを見極めて予想を立てるのが一般的ですが、逆張りという戦略もあります。

逆張りとはトレンドと反対の取引をするので、難易度が高いです。

しかし安いから買ったり高い時に売りたいと考えたりと、初心者が陥りやすいミスでもあります。

初心者でなくでも、日本の個人投資家の多くが逆張りに走る傾向があります。日本人は円を売って外国の通貨を手に入れようと考えるので、円高のタイミングで円を売りたいと考えます。

朝日新聞デジタルの情報はこちらのサイトがオススメです。

危険な考え方ではありますが、相場や天井や底に付いている時は、それ以上継続して上がったり下がったりすることはないので、逆張りをした人は利益を得られます。

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を使えば、レンジの上限あるいは下限を見てトレンドが長期間でなくても逆張りができます。



また短期的に大きく値動きした場合は、一時的に元の価格に戻そうという動きが見られます。この時に逆張りをすることで、大きな利益が発生します。


ただし値動きが大きくなる時は、何らかの原因があるのでそれを正確に予想できないと、逆張りをしても効果がない場合があります。



基本的にトレンドは一度発生すると、長期間続きます。

逆張りは長期的な動きを無視する行為なので、FXに深い知識と経験がないと失敗する可能性が高いです。

FX上級者たちは、短期的に利益を確定させようと逆張りで仕掛けますが、初心者がそれにつられて同じことをすると、取引のタイミングを逃してしまいます。