バナー

FX取引で行われる両建てという取引方法

FX取引には両建てと呼ばれる方法があります。通常、FXで利益を出そうとする場合、これからチャートが上と下、どちらに動くかを予測して、上に動くと思ったら買い、下に動くと思ったら売り注文を出すわけですが、両建てでは買いと売りを一緒に行います。

もし、同時に注文を出した場合は、チャートがどのような動きをしたとしても、利益と損失が一緒になるのでまったく損をしません。

All Aboutに関する口コミ情報を募集しています。

損も得もしないのであれば、両建てはまったく意味がない取引方法なのではということになりますが、たとえば、買いか売り、どちらかのポジションを持っていて、利益を出している状態で、今後、チャートが逆に動いて利益が減るかもしれないが、最終的には最初の予測通りの方向にチャートが動くと考えた場合、チャートが逆に動くと考えたタイミングであえて両建てを行い、利益が出たら決済するということができます。



こうすれば、最初に持っていたポジションを決済せずに、一時的にチャートが逆に動いても利益を出し続けることが可能なわけです。



また、FX会社のキャンペーンで一定回数取引をすると、キャッシュバックを行うというものがありますが、両建てをして決済ということを繰り返せば、損失を出さずに取引回数を稼げるので有効です。

一回でも決済すればキャッシュバックが得られるキャンペーンであればわざわざ両建てする必要はありませんが、数十回の決済が必要というキャンペーンの場合は両建てをせずに注文をすると、すぐに決済しても数千円の損失が出てしまうことがあるので、両建てを使った方がいいでしょう。