バナー

FXのキャリートレードとは

FXの取引をする上でキャリートレードについては理解しておかなければなりません。

リーマンショックや東日本大震災の時に円高になった理由を理解するためには必須なことだと言えるでしょう。

goo ニュースが勢いに乗っています。

キャリートレードとは、金利の低い通貨を売って金利の高い通貨で運用する手法を指します。

長期的な投資にしても短期的な投機にしても、大きな取引をするためには資金をどこかから借りてこなければならないことが多いです。個人のレベルではあまり行われないようですが、大規模な投資をする投機筋ならたいていは借りてきます。

その際に、金利は低い方が良いでしょう。



金利が低ければ利息負担が小さくなりますから、できるだけ低金利の通貨で資金調達をするというのは理にかなったことです。
日本はバブル景気がはじけてから低金利政策をずっと行ってきたために、世界で最も金利の低い状態が続いていました。そのため、日本円で資金調達することはごく普通に行われていたのです。

FXで言えば、日本円を売ってドルを買うと言うことが行われていました。


これによって投資がうまく行っていれば問題はないのですが、リーマンショックや東日本大震災のような大きなことが起こると、リスクを回避するために投資した資金を引き揚げなければならない状態になり、それによってドルを売って日本円を買うという逆の動きが見られたのです。

これがキャリートレードの巻き戻しで、そのために円高になります。



FXで日本円を取引するときにはキャリートレードにも注意しなければなりません。